有功(ありこと)は福士蒼汰じゃない!違うと批判の理由は【大奥2023】

大奥2023の有功 大奥

2023年放送のドラマ 「大奥」の「3代・徳川家光 × 万里小路有功編」にて、万里小路有功役を福士蒼汰さんが務めることが決定しました!

福士蒼汰さんが演じる有功は、もとは公家出身の僧。

春日局によって還俗させられ、家光の側室「お万の方」となり、のちに大奥総取締となって大奥の基盤を築いていく役どころ。

堀田真由さん演じる徳川家光(千恵)と結ばれる役です。

1月から放送予定の大奥ですが、福士蒼汰さんが有功を演じることに、「有功は福士蒼汰じゃない」「イメージと違う…」という批判的な意見も。

どんなところがイメージと違うのか?「福士蒼汰じゃない!」と言われる理由を探っていきます。

漫画全巻ドットコム 楽天市場店
¥14,241 (2022/11/13 00:12時点 | 楽天市場調べ)




【大奥2023】有功(ありこと)は福士蒼汰じゃない!違うと批判殺到?

では早速、「有功は福士蒼汰じゃない!」と言われている理由を見ていきましょう。

福士蒼汰がイメージとマッチしないのはなぜ?世間の声を集めてみた

有功は、これまでの大奥シリーズでは堺雅人さんが演じていた役です。

堺雅人さんといえば、半沢直樹で大ブレイクした、役の心情に合わせて表情を繊細に使い分ける演技力が持ち味。

冷静沈着な性格の有功役には、この堺さんの演技がぴったりでした。

そんな堺さん演じる有功を見てしまっているからこそ、「福士蒼汰の演技力で有功が務まるの?」という懸念があるみたいです。

さらに、「個人的には福士蒼汰さんってむしろ、気の弱いような、病弱なような、繊細そうな将軍役の方が似合いそうだけど。キャスティングした人、原作読んだことないのかな?」

といった声も。

「そもそも有功のキャラクターイメージと合ってない」という厳しい意見も見られます。




【大奥2023】有功(ありこと)は福士蒼汰じゃない!誰が適役だった?

福士蒼汰さんがキャスティングされて物議を醸している有功役ですが、誰が適役だったのでしょうか?

有功(ありこと)役はこの人がいい!

世間ではこんな声があがっています。

生田斗真

演技力の面で言うと、生田斗真さんが挙げられています。

映画監督の荒戸源次郎氏からも「50年に一人の逸材」と賞賛されるほどの実力派の生田斗真さん。

生田さんであれば、堺雅人さんに並ぶ有功が演じられるのでは…?

永瀬廉

続いて挙げられていたのがKing & Princeの永瀬廉さん。

有功は女装するシーンがあるため、肩幅のガッチリとした福士さんよりも、骨格が華奢で女装が似合う永瀬廉さんが合ってるんじゃ…?という声もありました。




【大奥2023】有功(ありこと)を福士蒼汰を演じることに称賛の声も!

ここまでは福士蒼汰さんの有功役への批判意見を紹介してきましたが、もちろん賞賛の声もあがっています。

美しさはイメージ通り!中川大志も登場?!

シュッと鼻筋がとおった美しい顔立ちの有功。

きれい系な顔のビジュアルは福士蒼汰さんがピッタリです。

さらに、今回の大奥で放送される「8代 徳川吉宗 × 水野祐之進 編」に登場する右衛門佐は、有功にうり二つというキャラクター。

この右衛門佐を、福士蒼汰さんにそっくりと言われている「中川大志さんが演じるのでは?!」

と、ツイッターでは盛り上がりを見せています。




有功(ありこと)は福士蒼汰じゃない!違うと批判の理由は【大奥2023】まとめ

福士蒼汰さんが有功のイメージと違うと言われてしまうワケは…

  • 堺雅人さん並の深みのある演技ができるのか?
  • 有功のキャラクターイメージと違う
  • 有功を演じるには骨格が大きすぎるかも…

といったことが挙げられます。

これらの厳しい意見を跳ね除ける演技を見せてくれるのでしょうか?

2023年1月からの大奥の放送が待ちきれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました