褒めるひと褒められるひと最終回ネタバレ!原作の結末はどうなる?

褒めるひと褒められるひと画像 2023春ドラマ

2023年6月12日から放送予定の新ドラマ『褒めるひと褒められるひと』。

原作は、たけだのぞむによる同名コミックで2020年~2021年まで講談社「paisy」にて連載されました♪

今回は、そんな『褒めるひと褒められるひと』のあらすじネタバレをご紹介!!

原作の結末と一緒に考察していきます。

あらすじや結末を知りたくない方はご注意を!!




ドラマ「褒めるひと褒められるひと」の最終回ネタバレ!原作の結末はどうなる?

原作は完結しているようですが、どんな結末なのでしょうか?
また、ドラマ版は違った結末になるのでしょうか?

「褒めるひと褒められるひと」原作の結末はハッピーエンド!

原作は1~3巻で完結しており、結末としては”褒められるひとの”詠子褒めるひと”の坂東の恋が成就して終わりを迎えます。

基本的には恋愛ものではなく、コメディタッチで人間模様を描いた作品だった事もあって長編作品にはならなかった模様。

ファンからは3巻で終わってしまう事を惜しむ声も多数上がっていました。

詠子と坂東が遠距離恋愛を始めた所で終わった事も、『その後の2人が見たかった!!』という意見に繋がった要因の様です

ドラマ「褒めるひと褒められるひと」原作と最終回(結末)が変わる可能性を考察

【原作と結末が変わるのか?】という疑問が湧いてきますが、この作品では変わらない気がします。

というのも、前述の通り原作は完結している訳ですから結末を変えてしまったらストーリーがおかしな事になってしまいます。

もし何か演出が加わるなら、その後の2人などがエンディング後にちょこっと描かれる程度でしょう。

視聴率が良ければ、原作者に掛け合って続編も作られるかもしれませんしね♪

▲今ならe-book japanで試し読み増量中

クーポン利用で208円(税込)で購入できる!

↑試し読みのチャンスです👆




ドラマ「褒めるひと褒められるひと」の最終回ネタバレ!詳しいあらすじは?

あらすじをちょこっとご紹介!!

主人公の市川詠子は、おもちゃ屋で働く事務員。

毎日一生懸命真面目に働いていましたが、ある日ミスを犯し部長に叱られます。

日々の功績には何も言ってもらえず、評価もされないのにミスだけは指摘される不条理さに詠子は嫌気が差し落ち込んでしまいます。

そんな時、上司である坂東さんに食事に誘われます。

てっきりお説教でもされるのかと身構え緊張していた詠子でしたが、坂東さんの口から飛び出したのは詠子への褒め言葉でした。

ただ、坂東さんの褒め方には癖があって_____。




ドラマ「褒めるひと褒められるひと」の最終回ネタバレ!登場人物とキャストは?

お次は、主要キャストを抜粋してご紹介していきます♪

市川 詠子(いちかわ えいこ):森川 葵

本作の主人公。

おもちゃ屋で事務員をしている25歳。

坂東 一(ばんどう はじめ):川崎 鷹也

主人公の上司で『褒めるひと』。

優しいが、変化球な誉め言葉で詠子を困惑させる。

大和 響一:関口メンディー

企画部のエース的存在。

クリエイティブディレクター。

その他キャスト

キャラクター名キャスト人物
小佐川 志穂野呂 佳代市川の先輩社員
中村 達葉山 奨之総務部の新入社員
松本 重隆正名 僕蔵部長
上原 芳美菅野 莉央社長秘書
吉田 翔太佐野 弘樹営業部社員
生島 すず三村 朱里入社2年目の企画部社員
大川 えり子清水 ミチコ社内の情報通の掃除のおばさん。
中村 スグル伊武 雅刀社長
市川 涼子濱田 マリ詠子の母
市川 剛竹森 千人詠子の父
京田 匠太郎ドロンズ石本居酒屋『きょう田』の店主
桃子・桃恵阿佐ヶ谷姉妹カリスマ料理研究家

沢山の個性豊かなキャストが出演するようですね!!




褒めるひと褒められるひと最終回ネタバレ!原作の結末はどうなる?まとめ

まとめ画像

いかがだったでしょうか。

今回は6月の新ドラマ、『褒めるひと褒められるひと』のあらすじや結末についてご紹介しました♪

気になる方は是非原作もチェックしてみて下さいね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました