星降る夜に結末ネタバレと考察!ドラマ最終回への伏線はある?

星降る夜に画像 2023冬ドラマ

2023年1月にスタートしたテレビ朝日系のドラマ『星降る夜に』

脚本は、ドラマをいくつも手掛けるヒットメーカー大石静です!!

代表作は「セカンド・バージン」「大恋愛~僕を忘れる君と~」など話題作ばかり。

今回はそんな『星降る夜に』のドラマ考察と結末を、分かっている範囲でネタバレしながら解説したいと思います。

ドラマはどんなお話なのか・結末はどうなるのか一緒に考察していきましょう!!




「星降る夜に」ドラマ考察と結末ネタバレ!

『星降る夜に』のあらすじをご紹介!!

「星降る夜に」はどんなストーリー?

主人公の雪宮鈴は若くして産婦人科医として成功した努力家。

しかし、日々命と向き合う仕事をして熱意を持っていた新人の頃とは違い今は無表情で過ごす毎日。

その理由は、「女だから」と軽視される社会の風習や価値観、頑張っても報われないと学んだ鈴は新人の頃の必死に抗いていた自分を封印して生きていました。

そんな時、ソロキャンプに繰り出した鈴が一人酒をしている所を柊一星に写真で撮られて何とキスされます。

翌朝、去り際に一星に手話で何かを言われた鈴。

調べると『お前のゲロは全部片づけた、バカ女』と言われていた事が分かります。

恐らく、一人酒を飲みすぎた鈴の失態があったようです。

最悪なこの出会いが大恋愛に発展する事になるとは、この時は思いもしない二人でした。。。。




「星降る夜に」ドラマ考察!結末への伏線を予想!!

ハテナ画像

あるならどんな伏線なのでしょう?

一星の障害がキーポイントになりそう

今まで制作された聴覚障害者とのラブストーリーによくあるのが、ライバルの出現や周りの反対と言った展開です。

例えば一星と同じ聴覚障害者のライバルや、ディーン演じる同僚からの鈴が苦労するのではないかという理由からの反対(恋のライバルの予定ですし)が考えられます。

今回の『星降る夜に』ではそこの部分が、物語の伏線として大きく影響しそうです。

「星降る夜に」考察要素はありそう?結末どうなる?

結末はどんな展開になるのでしょうか?
また考察するような点はあるのかも考えてみました。

それぞれが人生を取り戻す

今の仕事に意義を見出せなかった鈴が、一星と出会った事で人生を取り戻していく・・というのが大きなテーマになってきそうです。

聴覚障害者の一星ですが、そんな事も気に留めず(生まれつきというのも気にしない要因かも分かりませんが)自由に毎日過ごしている一星に鈴は大きく影響を受けて仕事と真摯に向き合い始めます。

最終的には産婦人科医として、誇りを持ちながら取り組んでいくのではないでしょうか。

一星もまた、人生の終わりを目の当たりにしている毎日の中で鈴の命を取り上げるという仕事に影響を受けそうです。

二人の恋が成就するかは今は分かりませんが、それぞれの人生が大きく変わった・・という結末になる予感がします。

脚本家の魅力が考察ポイントに⁉

『大人のピュア・ラブストーリー』がテーマの本ドラマ。

前述でもお伝えした通り、今回はオリジナル脚本を大石静が手掛けます。

『大恋愛~僕を忘れる君と~』の時も話題になりましたが、誰もが予想しないような展開が得意な脚本家です。

放送前ですが、大石さんの脚本なら面白そう!!とネット上でも沢山考察が出ていました。

単に恋に落ちて・・・という展開だけには落ち着きそうになさそうですよね!!




「星降る夜に」第1話ネタバレと考察!

1月17日に放送が始まった『星降る夜に』。

第1話のネタバレと考察をさっそくやっていきましょう!!

’’星降る夜’’に出会った二人

ある星降る夜に、キャンプ場で運命的な出会いを果たした雪宮鈴柊一星

初対面にも関わらず、キスをするというロマンティックな出会いでした。
(鈴のゲロで台無しになりましたが・・・。)

お互い二度と会うことは無いと思っていましたが、鈴の母が亡くなった事がきっかけで再会。

なんと亡くなった鈴の母の遺品整理を担当したのが、一星だったのです。

数奇な運命に導かれて、心を通わせた二人は今後どんな関係に発展していくのでしょうか?

ゲストがまさかのあの人

記念すべき第1話に妊婦役でゲスト出演したのは、ヒロインの吉高由里子さんの大親友ハリセンボンの近藤春奈さんです!!

大変な撮影のなかで、気心知れた親友がゲストで出てくれたのは吉高さんとしても心強かったに違いありません。




「星降る夜に」第1話ネタバレと考察!結末に向けての伏線はあった?

結末に向けての伏線はあったのでしょうか?

二人の真逆の職業

産婦人科医として命の始まりを見守る鈴と、遺品整理士として命の終わりを片付ける一星。

この真逆の仕事に就いていること自体が伏線として盛り込まれている気がします。

展開にどう影響するかは今は未知数ですが、制作側もあえてこの設定にしたはず。

👉一星の上司である北斗千明からも『命の始まりの産婦人科医と命の終わりの遺品整理士が出会っちゃったんじゃないかな』と言うセリフがありましたし、今後のキーワードとしては間違いないのではないでしょうか!!

「星降る夜に」第2話ネタバレと考察!

第2話の内容を見ていきましょう!!

鈴の病院でトラブルが。。。

鈴が務める産婦人科病院飛び込みの名無しの妊婦がやってきます。

すぐに出産となったのですが、生まれてきた赤ちゃんを母親は『いらない!!』と突っぱねてしまいます。

この事に佐々木深夜は強いショックを受けます。

翌日、母親に優しく説明をしていた鈴でしたが佐々木が割り込んで強引に赤ちゃんの写真を見せようとします。

鈴に『入れ込みすぎだ』と怒られた佐々木は落ち込んでしまいました。

次の日なんと母親は病院を無断で脱走、赤ちゃんは置き去りになってしまいます

医院の皆は憤りを隠せません。

そんな皆を冷静な目で見つめる鈴には皆と違った考えがありました。

最終的に鈴の働きで無事ケースワーカーに引き取られた赤ちゃんを見た佐々木は、鈴を尊敬のまなざしで見つめるのでした。

「星降る夜に」第2話ネタバレと考察!結末に向けての伏線はあった?

第2話で伏線はあった?

”可哀想”じゃない

名無しの母親に置き去りにされた赤ちゃんの話を一星にした鈴。

すると、「母親をさがそう、その子が可哀想だ」と一星は言います。

しかし鈴の考えは一星とは違っていました。

捨てられたのは気の毒ですが、母親を探し出せたとしても赤ちゃんが幸せになるかどうかなんて分かりません。

👉生まれて2日しか経っていないのに、病院の皆や一星がその子の人生を”可哀想”と決めつける事に鈴は違和感を覚えていたと言います。

その言葉を聞いた一星は驚くとともに、自分も可哀想じゃないんだと気づきます。

人の意見なんて大体スルーして、自分の考えを通す性格の一星ですが今回は鈴の考え方に心を打たれ母親探しはやめました。

このエピソードからも今後も鈴が一星に与える影響は大きいと思われます。
※逆もしかりですが。

考え方が柔軟になっていく・またはお互いが変わっていく伏線になったのではないでしょうか。

佐々木の過去とは?

赤ちゃん騒動の際に、佐々木自身の回想として妻とお腹にいた赤ちゃんを亡くした過去がある事が分かります。

出血が酷く母子ともに助からなかった事がきっかけで佐々木は産婦人科医を目指したようなのです。
※あくまで予想なので、第3話以降で語られるかも?

「星降る夜に」第3話ネタバレと考察!

第3話のネタバレを一緒に見ていきましょう!!

二人の心がやっと・・・

第1話からキスはしていた二人ですが、恋人になった訳ではありませんでした。

第3話では一星が告白後、またキスしようとしますが「展開が早い」と、鈴に『ステイ』と言われてしまいます。

けっこうぐいぐい行く一星でしたが、嬉しいながらも10歳差という事もあって鈴は及び腰でした。

そんななか、佐々木と(コケ彼を介抱していただけでしたが)一緒にいる所を見た一星は彼氏だと誤解します。

このショックと遺品整理でまたおせっかいをした際に水を被ったまま帰ったのもあって、一星は風邪をひいて寝込んでしまいます。

そんな一星のお見舞いに来た鈴は、一星の部屋で一晩過ごすことに(何も無かったですが)。

朝、堤防を歩く二人には今までとは違った空気が流れていました。
※鈴が受け入れたのもあるはず

「星降る夜に」第3話ネタバレと考察!結末に向けての伏線はあった?

結末に向けた伏線はあったのでしょうか?

ラストに映った人影は誰?

第3話の終盤で一星の家で泊まった(何も無かったけど)次の朝、送ってもらっていた鈴。

堤防に座って、一星が今回経験した不倫事件について語っている二人を遠くから見つめる人影が・・・。

その人物は結婚指輪をしていて、恐らく男性?

しんみりした二人のいいシーンからの、いきなりのホラーな演出でしたね。

鈴の回想で過去の裁判沙汰のシーンが出てきますが、この時鈴を訴えた人なのでしょうか?

👉エンドロールでも名前が消されていましたし謎に包まれていますよね。

SNSでは早くも候補が上がっており、一番多かったのがムロツヨシさんでした。

鈴の回想で『人殺し・・。』と裁判で呟いていた声でムロツヨシさんを連想した人が多かったようです。

果たしてムロツヨシさんなのでしょうか?

また、この人物は鈴の姿をみて怒りで拳を握りしめていました。

不穏な空気を醸し出しているこの人物が今後のキーパーソンなのは間違いなさそうですよね!!

「星降る夜に」キャストは?

演じるキャスト

ヒロインは吉高由里子

主人公の雪宮鈴は、命の誕生を見守る産婦人科医でありながら実は人生に失望し『無』の毎日を送る35歳。

ひょんなことから一星に出会い、自由な毎日を送る彼と恋に落ちていく。

相手役は北村匠海

柊一星は、遺品整理士として働いている25歳。

雪宮鈴との歳の差は10歳あります。

実は生まれつき耳が聞こえないが、そんな事は気にせず旅行に行ったり沢山の趣味を謳歌している。

恋のライバルにディーン・フジオカ

佐々木深夜(シンヤ)は、45歳で医者になった新人産婦人科医。

ポンコツではあるものの、優しい性格の為鈴の良き相談相手となっていく。

豪華なキャストですね!!

脇を固めるキャスト

発表されたその他のキャストはこちら!!

役名俳優役柄
佐藤春千葉雄大遺品整理のポラリスに勤める遺品整理士
犬山鶴子猫背椿マロニエ産婦人科医院の看護師長
蜂須賀 志信長井 短マロニエ産婦人科医院の看護師
伊達 麻里奈中村 里帆マロニエ産婦人科医院の看護師
北斗 桜柳 咲良北斗千明の娘
チャーリー
(犬山正憲)
駒木根 葵汰犬山鶴子の息子
桃野 拓郎若林 拓也遺品整理のポラリスの新入社員
服部 洋美宮澤 美保遺品整理のポラリスの事務員兼鑑定士
岩田 源吾ドロンズ石本遺品整理のポラリスのベテラン遺品整理士
柊 カネ五十嵐 由美子柊一星の祖母
橋本 英雄寺澤 英弥海街にある手話教室の講師

個性派俳優さん勢揃いで、練りこまれたストーリーがより神秘的な雰囲気になりそうですね!

「星降る夜に」は原作ある?ネタ元になったのは?

ハテナ画像

『星降る夜に』に原作はあるのでしょうか?

原作なしのオリジナル脚本!!

『星降る夜に』は、他のドラマと違って原作はありません。

完全オリジナルで制作されるようです。

なので、ある程度展開が読める原作アリのドラマと違い、先が読めないストーリー展開で進んでいくようです。

「大恋愛~僕を忘れる君と~」と同じで、途中で話が変えられていくかも⁉
※当時、キャストも台本を渡されるまで先の話が分からなかったそうです。

先が読めない分、放送開始後にSNSなどでストーリー予想する人が増えそうですね!!

「星降る夜にとsilentが似てる」という声もちらほら。

星降る夜に結末ネタバレと考察!最終回への伏線はある?まとめ

まとめ画像

今回はドラマ『星降る夜に』の考察と結末ネタバレをご紹介しました。

豪華キャストで制作される珠玉のラブストーリーにワクワクしますね!!

原作が無いオリジナル脚本なのも魅力です。

👉続報が出たら、随時更新していきたいと思います!!

第4話からの展開も楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました