竜とそばかすの姫ラストがひどい?後日談が知りたい!結局どうなるの?

竜とそばかすの姫タイトル画像 金曜ロードショー

『竜とそばかすの姫』は2021年に東宝で制作された日本のアニメーション映画です。

監督は『時をかける少女』や『サマーウォーズ』を手掛けた、あの細田守!!

2022年には第45回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞しています。

そんな『竜とそばかすの姫』のラストがひどいと一部で酷評されているのはご存じでしょうか?

なぜラストがひどいといわれるのか、、、、

そのワケを考察していきます!!




竜とそばかすの姫のラストがひどいと言われる理由は?

なぜラストがひどいと言われているのでしょうか??

【ひどい】けいくん・ともくんのその後が分からない

鈴によって(気持ちは)救われたけいくん・ともくんですが、映画のラストでは帰ってきた鈴と周りの人々のやり取りで終わっている為、二人が現実で本当に救われた(保護された)のか分かりません。

制作側としては、あえて描かずに想像させる意図があったのかもしれませんが主人公が成長しトラウマを乗り越えた部分がラストで強調されてしまったため、二人のその後が曖昧な印象になってしまいました。

せめて、エンドロールなどでその後が描かれていたら視聴者もモヤモヤすることはなかったのかもしれませんね。

【ひどい】鈴(Bell)の犠牲の印象が薄い

現実世界のけいくん達に信頼してもらうために、鈴はあえてジャスティンのアンベイルビームを受けて本来の姿をさらします。

小説版では、本来の姿の鈴を見てダサいなどと酷いことを言われるシーンもきちんとあり、その上で認められたため説得力がありました。

しかし映画ではすぐにその姿で歌いだして、Uの人々も割とあっさり受け入れています。

Asもすぐ復活し、ラストでも丸く収まってハッピーエンド感が強くなっていた為鈴が犠牲を払った印象が薄くなってしまいました。

もう少し、仮想世界で受け入れられていない描写があったらラストの印象は変わっていたのかも⁉

【ひどい】周りの大人の行動が突然で意味不明

後半で竜を救う為に現実の竜のオリジンを探そうとする鈴。

周りの人々はそんな鈴に力を貸そうとします。

ここでずっと関わっていた親友のヒロちゃんや感ずいていた描写がある忍や同級生はわかるのですが、急に(鈴の母親の同級生?)大人も手助けをする展開に。

おかしいPOINT

①Bellのオリジン(本体)が鈴だと知って見守っていたという事実が急に明かされる。

②なぜか鈴とヒロちゃんが基地として使っていた場所を知って、駆け付ける。

③けいくん達の所に駆け付ける鈴を『大丈夫かしらと』言いながら一人で行かせる。
 

①Bellのオリジン(本体)が鈴だと知って見守っていたという事実が急に明かされる。

本編にてBellの正体を知っていたのは親友のヒロちゃんと感ずいていた忍のみ。

のはずが、後半で大人たちが知っていて見守っていたという事実が発覚、、、

合唱の練習や幼いころの歌声を知っていたとしても、知っているのおかしくない⁉という展開でした。

②なぜか鈴とヒロちゃんが基地として使っていた場所を知って、駆け付ける

廃校の一角をBellの本拠地として使っていた鈴とヒロちゃん。

そんな目的で使っている事を誰にも言ってない(ルカちゃんには思い出の小学校の話としては話していた)にも関わらず大人たちはすぐに分かって駆け付けていました。

そもそも呼んでもないのに勝手に押し掛けるのはどうなんだ⁉といった印象でした。

③けいくん達の所に駆け付ける鈴を『大丈夫かしらと』言いながら一人で行かせる。

一番意味不明なのが、警察に電話するような事件にも関わらず女子高生の鈴を一人で行かせた事!!

結果的にけいくん達の父親が掴んだりするだけだったからよかったものの(鈴は頬をひっかかれて血が出ました!)、一歩間違えれば命の危険もありました。

立派な傷害事件です。ありえない!!

ましてや鈴は格闘技をやっているわけでもない普通の女の子でした。

これは映画とは言え意味が分からず、ラストでもモヤモヤする要因になりました。

鈴の父親もほのぼのしすぎですし、違和感が拭えない展開でした。




竜とそばかすの姫のラストがひどい!後日談ってあるの?

実は、竜とそばかすの姫には公式には後日談はありません。

なので想像で考えてみました!

【後日談】けいくん・ともくんはあの後どうなるの?

父親から虐待を受けていた兄弟のけいくん・ともくん。

けいくんは弟を励ますために竜となって仮想世界にいましたが、ラストでBellこと鈴に救われたことによって現実でも戦う決心をしていました。

ただ、その前からも父親の虐待から弟をかばって仮想世界でも竜として弟に希望を与えようとしていたけいくんは、十分戦っていたと思います。

恐らく、虐待の映像がネットで公開されたこともありあの後二人は保護されるでしょう。

父親に虐待されない生活であらたな未来に進んでいけるはずです。

もし後日談があるのなら、鈴との現実での交流や竜として仮想世界でどうしているかなど描いてほしいですね。
※現実で救われた為、もう仮想世界には現れないかもしれませんが、、、

【後日談】鈴と忍はどうなる?

本編ラストで、忍が『これから普通に付き合える』と言う場面があります。

これは色んな捉え方ができますが、おそらくこの時点では友人としてという意味かと思われます。

が!!忍的には(鈴もですが)ずっと気にかけていて、ようやくまともに顔をみて話せるようになった鈴との新しい関係に(恋愛として)期待しているようにも見えます。

視聴者の声でもその後が描かれるなら、二人の恋愛エピソードを望む人が多いようですね。

ずっと変わらず見守って、理解しようとしてくれた忍がかっこよすぎですね。

【後日談】仮想世界《U》はどうなっていく?

残酷な現実世界から逃れる為に人々の救いになっていた仮想世界『U』。

主人公鈴も、母親の死のトラウマによって大好きだった歌が歌えなくなっていましたが『U』の世界では違う自分Bellになれたことにより、歌えるようになっていました。

しかし、ネットの世界は時に現実より残酷で非情でした。

本当の自分が隠れているからと、酷い言葉を投げかける人や正義とは名のばかりの集団、、、、

ラストではそんな仮想世界の人々が、鈴ことBellの勇気と歌によって一つになりました。

今後は、本来の自由になれる世界として人々の憩いの場所になっていくのではないでしょうか。

後日談があるなら、そんな仮想世界『U』に登場した人々や竜やBellを助けてくれたAI達が(後半ではジャスティス達に傷つけられてしまっていました)元気でやっている姿なども描いてほしいですね。

人間よりAIたちのほうが遥かに優しく、思いやりがあったのが印象的でした。




竜とそばかすの姫のラストがひどい?後日談が知りたい!結局どうなるの?まとめ

今回は竜とそばかすの姫のラストや後日談についての考察をご紹介しました。

そんな竜とそばかすの姫が9/23に金曜ロードショーで放送されます。

今回の考察を踏まえながら、色々想像しつつ観てみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました