ウツボラの原作ネタバレと最終回考察!結末どうなる?

ウツボラ画像 ドラマ

3月24日(金)に、WOWWOWプライムにて第1話が無料放送されるドラマ『ウツボラ』

原作は「同級生」シリーズで有名な、中村明日美子(なかむらあすみこ)の漫画『ウツボラ』です。

当初「マンガ・エロティクス・エフ」で不定期連載されていたものが、人気を博し全2巻の単行本として発売されています。

今回は、そんな人気漫画が原作のドラマ『ウツボラ』の原作ネタバレと考察をご紹介します!!

どんなネタバレ・考察が出てくるのか、一緒に見ていきましょう。

楽天ブックス
¥748 (2023/01/22 13:49時点 | 楽天市場調べ)




2023春ドラマ「ウツボラ」の原作ネタバレ!最終回・結末はどうなる?

原作を元に結末を考察していきます!!

「ウツボラ」原作の結末はどんでん返し!

当初朱が亡くなって妹の桜が現れたと思われていましたが、警察の捜査で三木桜なる人物は存在しない事が分かります。

携帯の契約主が秋山富士子という女性だと判明した為です。
※というか、DNA鑑定すれば最初から分かったのでは・・・と思ってしまった筆者です(笑)
まあ、フィクションですしね。

👉厳密に言うと、藤乃朱は二人いました。

最初の亡くなった女性と桜を演じていた女性です。

実は溝呂木のファンだった秋山富士子は、溝呂木に熱をあげるあまり藤乃朱の名前で大量のファンレターを送っていました。

三木桜と名乗るOLは、この頃に秋山富士子と出会い仲良くなります。

そして秋山富士子が藤乃朱名義で書いた『ウツボラ』で新人賞に応募した同じタイミングで、三木桜は秋山富士子の書いた同小説を出版社へ送っていました。

そうです、2つの『ウツボラ』が2つの場所に送られたのです。

その後、三木桜は出版社のパーティーで出会った溝呂木といい関係に・・・。

同じころ秋山富士子は、三木桜にそっくりに整形手術を受けていました。

つまり、双子ではないものの同じ顔の女性が二人確かに存在したのです。

2023春ドラマ「ウツボラ」原作の最後は?

では、飛び降りたのはどちらの『朱』だったのでしょうか?

これは見解が難しいのですが・・・筆者は秋山富士子だと考察しました。

小説が違う名義ですが認められたにも関わらず、結果溝呂木とは恋仲にはなれませんでした。

なので、せめて大々的に死ぬことで溝呂木の記憶に残ろうとしたのではないでしょうか。

また、原作の中で秋山富士子の好物がショートケーキだった事が言及されるのですが、作品中に三木桜が好んで食べていたのはチーズケーキでした。

この事からも生きているのが三木桜だと思われるのです。

👉そして原作の最後では、きちんと自分の手で『ウツボラ』を完成させた溝呂木は自殺してしまいます。

その墓参りの途中で姪のコヨミは、喪服を着たお腹が大きな女性とすれ違います。

引用元:https://www.cmoa.jp/search/result/?category=10&header_word=%E3%82%A6%E3%83%84%E3%83%9C%E3%83%A9

恐らく三木桜は溝呂木との関係の中で妊娠し、亡くなった溝呂木の墓参りに来ていたと思われます。

2023春ドラマ「ウツボラ」原作と最終回が変わるか考察!

ドラマ版では最終回が変わる事が多いですが、『ウツボラ』はどうなのでしょう。

筆者の予想では、最終回の結末は変わらない気がします。

特に暴力的・差別的な最終回でもないですし、しんみりとしたいいシーンで終われるのではないでしょうか。

👉もし、大幅に変わるのなら溝呂木は死なずに三木桜とお腹の中の子と幸せに生きていくという展開もあり得なくは無いですが・・、原作の良さをかき消してしまう気がします。

予想⇒結末は変わらない!!

放送でどういう最終回を迎えるのか楽しみですね!!




2023春ドラマ「ウツボラ」の原作ネタバレ!詳しいあらすじは?

あらすじ画像

あらすじを掻い摘んで見ていきましょう!!

3年前のある日、ビルの屋上から飛び降りて死んでしまった朱(あき)

遺体は上半身が分からないほど破損しており、朱と判別するのに役立ったのは彼女の物と思われる携帯だけでした。

警察の捜査が進む中、小説家溝呂木の前に朱とそっくりな女性『桜』が現れます。

朱の双子の妹だと名乗った桜は、朱の書いた小説『ウツボラ』を溝呂木が盗作したと責めます。

てっきり告発されると思った溝呂木でしたが、桜が提案したのは全く正反対の話でした。

なんと『ウツボラ』を共同出版しないかというのです。

桜の狙いは一体何なのか?

朱は本当に死んだのでしょうか?




2023春ドラマ「ウツボラ」の原作ネタバレ!キャスト・登場人物は?

チェック画像

発表されているキャストをご紹介!!

藤乃朱(ふじのあき)/三木桜(みきさくら):前田敦子

3年前に亡くなった朱と、桜は双子の姉妹。

桜は姉の小説を溝呂木が盗作したと責める一方で、何故か『ウツボラ』の共同出版を提案する。

👉前田敦子が一人二役を演じる。

辻真琴(つじまこと):藤原季節

溝呂木の担当編集者。
担当である溝呂木の盗作を疑っている。

溝呂木舜(みぞろぎしゅん):北村有起哉

主人公の姉、朱の小説を盗用した疑惑がある小説家。

原作では溝呂木が主人公として話が進んでいくが、ドラマ版ではどういう描かれ方をするかはまだ不明。

溝呂木コヨミ(みぞろぎこよみ):平祐奈

溝呂木の姪で、小さい頃から叔父の瞬に恋心を抱いている。

望月(もちづき):おかやまはじめ

朱の事件を調べている担当刑事。

海馬(かいば):武田航平

望月の部下の刑事。

野宮愛(のみやあい):雛形あきこ

雛形あきこ画像
引用元:https://twitter.com/drama_wowow/status/1613008076193562625

辻の知り合いの作家。

谷田(たにだ):渡辺いっけい

渡辺いっけい画像
引用元:https://twitter.com/drama_wowow/status/1613008076193562625

溝呂木の古くからの小説仲間。




ウツボラの原作ネタバレと結末考察!最終回どうなる?まとめ

まとめ画像

いかがだったでしょうか。

今回は春ドラマ『ウツボラ』のネタバレと結末の考察をご紹介しました。

読んだ人によって大きく見解が変わる『ウツボラ』。

ドラマ版は制作陣の見解で作られるでしょうから、さらに違う視点が観れるかもしれません。

乞うご期待です!!

楽天ブックス
¥748 (2023/01/22 13:49時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました